高度の技術が必要な医療現場では、専門性の高い看護技術を持った看護師が求められています。また、そんな看護師がスキルアップするためには、専門看護師や認定看護師といった上級資格を取得することが望ましいとされています。

こうした資格を取得した看護師は、現場のリーダーとして他の看護師を指導できるほか、医師と看護師のパイプ役として活躍することが可能です。ちなみに専門看護師の資格は、5年以上の実務経験と看護分野の大学院卒業単位の修得が必須であるため、取るのが難しいと考えられがちです。

一方、認定看護師の資格は、5年以上の実務経験に加えて研修を半年ほど受講することにより取得可能であるため、多くの看護師が積極的に取得を目指している背景があります。さらに、特定行為研修の資格を取った場合、医師からの包括的指示だけで医療行為を行える権限を看護師が持てるようになります。

このように、専門分野の知識を得て現場のエキスパートとして働けるようになれば、より良い看護を施せるだけでなく、看護師長や看護部長への昇進の道も開けてきます。キャリアプランを練る上で、より良い看護経験を積みたいのなら、地道に資格を取得することが欠かせません。

その他、看護師だけが担当する外来として、看護専門外来というものがあります。ここでは、上級資格を持つ看護師が、退院後も療養生活に不安を抱える患者をサポートしています。看護専門外来では、退院後もストーマの装着を余儀なくされている方、糖尿病のインスリン投与を続ける糖尿病患者などに対し相談に乗りアドバイスをしたりするのが主な仕事とされています。

看護専門外来には当然ながら医師がおらず、看護師は独自の判断で患者の悩みに対処しなければなりません。責任重大な仕事ですが、それだけ自分の知識と経験を発揮できるため、やりがいは大きいといえるでしょう。

もし看護師として幅広く活躍したいのであれば、上記に挙げたような上級の資格を取得することをおすすめします。しっかりと資格を取り、さまざまな経験を積むことができれば、知識と技術は洗練され、人々から頼りにされる人材になれるはずです。このように、確かな看護経験を経てスキルを身に付けたい方は、看護経験やスキルアップのコツについて記述されたこちらのサイトもぜひ覗いてみてください。